フルル便り

フルルガーデン倶楽部広報コラム

更新しました

LINEでボランティア活動や花の記事写真を送っていただいて、
昨日、SNFCのTGVの駅での待ち時間に更新しました・・

(列車遅延のため、乗り継ぎがうまくいかず3時間近くあいてしまった時間を有効活用)

https://www.fululu-club.com/kongetu/kongetu.html

これで2週間、活動に参加していない私が更新できるのは、

f:id:nekoatama:20190613233314j:plain

原稿を下さるメンバーさんのおかげです・・

ありがとうございます‥

お礼に少々

フランスから花の写真を

f:id:nekoatama:20190613233818j:plain

トゥルーズから1時間の聖堂へ

f:id:nekoatama:20190613233908j:plain

白で統一された花
もちろん水やりホースが張り巡らされていました。

その隣(手前)は

f:id:nekoatama:20190613234037j:plain

ゴヤ美術館

こちらに遠征したのは、絵を見るためでなく、ル・ノートルの作ったフランス庭園を見るため・・

f:id:nekoatama:20190613234347j:plain

f:id:nekoatama:20190613234444j:plain

f:id:nekoatama:20190613234918j:plain

美術館の中から全景を見ました。

f:id:nekoatama:20190614000102j:plain

f:id:nekoatama:20190613234540j:plain

f:id:nekoatama:20190613234612j:plain

f:id:nekoatama:20190613234831j:plain

シャクヤクやミニ薔薇の美しい季節で、アジサイはまだこれからのようでした・・

雨なのに噴水は高くあがっていました。

f:id:nekoatama:20190613234744j:plain

f:id:nekoatama:20190613235225j:plain

f:id:nekoatama:20190613235046j:plain

アグー川沿いを歩くと

木組みの家がきれいでしたが、

f:id:nekoatama:20190613235134j:plain

花壇もやっぱり洗練されていました・・

ところで、ゴヤの美術館が何でこの地カステルにあるのかよくわかりません・・

(スペインの画家、亡くなったのはフランスのボルドー)

一応この美術館のウリの自画像を出しておきます。
(ゴヤは少ししかない。「戦争の悲惨」という版画シリーズがあるという話だったが、展示されていなかった・・)

f:id:nekoatama:20190613155322j:plain

ちなみに、フランスで近代絵画を見ることは自分に禁じています‥‥
・・収拾できないと思う・・恐ろしいことです(笑)・・